防犯を行う|防犯意識はグングン上昇|警備会社を活用して大きな安心感を得よう
男性

防犯意識はグングン上昇|警備会社を活用して大きな安心感を得よう

防犯を行う

警備員

江戸時代の日本において鍵というのは一種の工芸品であったり権威や形式を表す物であって実用品は少数派でした。 というのもまず治安が大変良かったという事と、大半の庶民はツケで暮らしていましたので殆どの給料等は支払いにそのまま消えるため多量の現金を持ち歩かないという生活をしていたためです。逆に武家や商家の場合、使用人などがふんだんに居たため鍵を使わなくても屋敷の警護が可能であり、所有者を表すような形式的な物が使われる程度でした。 その後西洋近代化の中で商家も使用人頼みの警護では成り立たなくなっていき、実用的な物の必要が出てきます。 実際に鍵が庶民に広がったのは19世紀に入り複製や大量生産が簡易になってからですが、それでも地方では鍵をかけない生活が長く続く事になります。

鍵というのは、犯罪対策のために複製が難しくなると同時に複製や開錠技術が向上するといういたちごっこが続いている世界です。 例えば、物理的な鍵だけでは簡単にあけられてしまうという事で、車などにはイモビライザーと言ってicチップが搭載されている物が広まってきています。これは内部の電子的な鍵ともいえ、物理的な部分のみ複製してもエンジンをかけることが出来ません。 しかしこのままでは複製も出来ないため、鍵屋など向けにイモビカッターと言われるイモビライザーをかわす器具が開発され、これが悪用されて盗難事件が発生しています。 昨今では物理的な鍵では複製されやすいという事で電子的な物を使う傾向にあるのですが、それすら確実ではないという事が判ってきており、その上で対策を施しているという現状なので、このようないたちごっこは今後も続くと思われます。